ますます需要が高まる 臨床工学技士の資格

ますます需要が高まる 臨床工学技士の資格

臨床工学技士は今注目の医療の資格。

何の医療の資格を取得するのかによって、病院などで働いた時に任される仕事も変わってくるのは言うまでもありません。色んな資格の持ち主がいてこその医療の現場であって、決して医師や看護師だけが必要と言う訳ではありません。技士さんの中にも沢山の種類があって、その中で臨床工学技士と言うお仕事について考えてみました。私が働いている病院にももちろん臨床工学技士はおりますが、毎日忙しそうに働いています。一体どの様な役割があるのでしょうか。
臨床工学技士は医師の指示のもと、生命維持管理装置の操作を行います。そして操作だけではなく、その保守点検を行う事も大切なお仕事です。きちんと学んで、試験に合格した技術者ですが、装置の操作に関しては、医師の指示がなけれな勝手に装置を付けたり外したりと言う作業は行えません。ですが、医師などのサポートをする重要で、責任のある職種です。
臨床工学技士は国家資格なので、国家試験に合格しなければなりません。国家試験を受ける為には、まず臨床工学技士の養成学校等に入り、学び、卒業する事が第一条件になっています。それから国家試験を受けて合格すれば臨床工学技士になれるわけです。臨床工学技士も知識を豊富に持っていなければなりません。生命維持管理装置と言っても、一つの機械ではありません。人工呼吸や人工心肺、循環などさまざまなので、それぞれに合った知識が必要なスペシャリストです。病院内でも重要な仕事をしている人たちです。

オススメワード