ますます需要が高まる 臨床工学技士の資格

ますます需要が高まる 臨床工学技士の資格

医療の資格の臨床工学技士

臨床工学技士は、医師の指示の下で医療現場で用いられる生命維持管理装置の操作及び保守・点検等を主な業務としてを行う医療の資格で、医療機器のスペシャリスト的存在です。臨床検査技師や診療放射線技師などと比較すると、まだその歴史が浅い分野であるため、社会的な知名度はまだ低いのかもしれませんが、多くの医療機器に囲まれている現代医療の現場において重要な役割を果たしています。資格取得のためには、臨床工学技士国家試験に合格する必要があり、4年制大学の当該学部または3年制の臨床工学技士養成の短大や専門学校を卒業する事で国家試験の受験資格を得る事が出来ます。また、臨床検査技師、診療放射線技師、看護師の有資格者であれば、1年間の養成施設に通う事で受験資格が得られます。
生命維持管理装置というのは、人体の呼吸、循環、代謝機能の一部を代替えまたは補助するための医療機器であり、人工透析装置や人工心肺装置、人工呼吸器、ペースメーカーなどが該当します。人工心肺装置はや人工呼吸器などは、手術に立ち会って状況に応じた操作を行う必要もあります。生命維持管理装置という名の通り、直接患者さんの命に直結する危機に携わる、重要な役割を担う事になります。臨床工学士の就職先は、総合病院や、透析を行っているクリニック等が多いようですが、技師の数自体が少ないため、病院の中での臨床工学技士の所属先は集中治療室の医師の下であったり、人工透析室であったり、看護課であったりと施設によって様々なケースがあるようです。

オススメワード