ますます需要が高まる 臨床工学技士の資格

ますます需要が高まる 臨床工学技士の資格

臨床工学技士という医療の資格を取るための実習

臨床工学技士とは、人工呼吸器などを扱って、命の危険のある患者様に対し、その命を救わなければならないという任務を持つ仕事をします。これは、医療の資格のうちの1つで、人間の命に関わるとても重たい資格です。私は、こういった臨床工学技士の資格を取得しようと、臨床工学技士専門学校へと通っていました。ここではもちろん、臨床工学技士を目指す学生で溢れていて、全員が同じ夢を持つ仲間でありながら、逆にライバルでもありました。私はこの中で、支え合いながらも、時に刺激し合って臨床工学技士について学んできたのでした。臨床工学技士になるにあたって、講義を受けることはもちろんですが、その講義での学びにちなんだ実習もありました。それは、テキストで勉強したことを、実際の機械を用いて練習するということです。学校内には、そういった機械も用意されているため、日常の講義内でも練習することができました。しかし、私が1番大変だったのは、病院という現場で実習を受けさせていただいたときでした。臨床工学技士の資格を取得するには、学内の実習だけではなく、病院という現場での実習も必須なのでした。
そうして私は、2週間の病院実習を経て、臨床工学技士の資格を取得することができたのです。病院では、人工呼吸器をはじめ、吸入器や人工肺装置などにも触れさせていただくことができました。これは、とても大きな経験だったと思います。臨床工学技士という医療の資格は、とても重たい任務を背負うため、こういった実習が欠かせないものでした。

オススメワード